スピード翻訳 byGMO

在籍校正者

校正者には、本人がその分野における研究者であった者や、著名なジャーナルで長年査読者として活躍している者、大学で教鞭を取っている者が多数在籍しています。

※ プライバシー保護のため校正者の名前は伏せております
※ 下記の校正者がご依頼案件の担当校正者にアサインされることは保証いたしておりません。あらかじめご了承ください

J.D. 氏
神経科学者として8年以上の経験を持ち、神経外傷とアルツハイマー病を中心に研究を行っている。数多くの著名ジャーナルの査読者を務めるとともに、10 稿以上の自著論文が The Journal of Neuroscience などのジャーナルに掲載された経験を持つ。
学歴 Ph.D., Pathology University of Adelaide, Department of Pathology, University of Adelaide, Australia
Bachelor of Health Sciences (Honours), University of Adelaide, Australia
専門分野 Biomedical Research, Neurology, Clinical/Anatomical Pathology, Neuroscience, Clinical Medicine, Lipid Research, Anatomy
査読経験 Journal of Neurotrauma, Journal of Neurochemistry, Journal of Cerebral Blood Flow and Metabolism, Journal of Lipid Research, Journal of Biological Chemistry, Current Opinion in Neurology, Journal of Neuroscience Research
掲載経験のあるジャーナル BBA Journal, Journal of Biological Chemistry, The Journal of Neuroscience, Journal of Neurotrauma
D.N. 氏
ジャーナリズムの学士号、英語・金融ジャーナリズム・経済学の修士号を取得。
経済金融分野において 30 年間の校正経験を持つ。政財界に広い人脈を持ち、米国政府発行書物の校正も委託を受けている。
学歴 B.A., Public Relations Journalism, University of Iowa, U.S.A.
M.A., English, University of Iowa, U.S.A.
M.A., Financial Journalism, University of Iowa, U.S.A.
M.F.A., Expository Writing, University of Iowa, U.S.A.
M.A., Economics, Case Western Reserve, U.S.A.
専門分野 Banking, Business, Economics, Human Resources, Philosophy

Q. 英語のネイティブでない筆者の原稿を校正する際、どこの点に注目しますか?

A. ネイティブであってもなくても、アドバイスは同じです。存在感のある強い動詞を使い、語句はシンプルなものを選んでください。

Q. インパクトファクターの高いジャーナルに掲載されている論文に共通するものはありますか?

A. 著名なジャーナルは、筆者が何を発見したのか正確に伝えられる、曇りのない表現を期待しています。それと、そのようなジャーナルは、論文が学術界の中で将来どのような位置を占めることになるのかも考えます。つまり、すばらしい論文に共通することは、「明確さ」と「貢献度」です。

Q. 原稿内容と同じ分野を専門とする校正者の重要性について教えてください。

A. 経済学論文のテーマに精通している人に校正してほしいと思うのは当然ですよね。でも、筆者に必要なのは、原稿内の議論は論理的か、分かりやすいか、また、説得力があるかどうかチェックできる校正者です。なので、原稿のテーマについて奥深い知識と理解があればいい訳ではありません。

L.W. 氏
文学を専門とする校正者で、30 年のキャリアを誇る。これまで数多くの学術雑誌でピアレビューを務める。
 
 
学歴 Ph.D., Comparative Literature, Indiana University, U.S.A.
M.A., German, Indiana University, U.S.A.
B.A., German and Political Science, Indiana University-Purdue University, U.S.A.
専門分野 Literature, History, Political Science, European Studies, Humanities, Psychology, Germanic Studies
査読経験 The Journal Clio: A Journal of Literature, History and the Philosophy of History (Indiana University-Purdue University, Fort Wayne)

Q. 英語のネイティブでない筆者の英語の文書の校正で特に注意する点は?

A. 単に原稿のエラー探しをするのではなく、自分が教師になったつもりで校正しています。そのため、自分がなぜこの箇所をこのように校正したのか、原稿の筆者に伝えようと努力しています。
通常もそのような心構えでいます。まず最初に原稿の全体的な意味に注目し、筆者の様子と原稿の要点をつかみます。それから、文レベルの詳細な校正に入ります。

Q. Psychological ScienceAnnual Review of Sociology などのインパクトファクターの高いジャーナルの論文に共通するものは?

A. 文章が明確で、筆者は読者をよく理解しているように書けています。
それと、議論の組み立てとサポートが上手です。また、文章を磨き上げるのも上手ですね。

Q. これから研究論文を初めて執筆する日本人研究者にアドバイスをいただけますか?また、日本人研究者特有のミスなどありますか?

A. 自分の研究でもしたことですが、一番大事だと思うことは、同分野の論文を読んで研究がどのように組み立てられているのか、それと効果的な議論がどのように組み立てられているのかしっかりと理解することです。
他人のマネをしなさいと言っているのではなく、自分の研究をまとめて発表するためのモデルの観察をすすめているだけです。
また、よく目にするミスは、筆者がアカデミックライティングで要求されることを無視していることと、対象読者を考慮しないで書いていることです。
なので、読者になったつもりで読者の視点を考えて書いてみてください。

お問い合わせはこちらから